Warning: getimagesize(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14090086:SSL routines:ssl3_get_server_certificate:certificate verify failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/header.php on line 65

Warning: getimagesize(): Failed to enable crypto in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/header.php on line 65

Warning: getimagesize(https://fmstudio.jpn.org/font/wp-content/themes/fftd-amp/img/ogp-img.png): failed to open stream: operation failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/header.php on line 65

Tag: #lady’s

ITC Edwardian Script


Warning: getimagesize(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14090086:SSL routines:ssl3_get_server_certificate:certificate verify failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(): Failed to enable crypto in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(https://fmstudio.jpn.org/font/wp-content/uploads/2016/09/197391.png): failed to open stream: operation failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Bickham Script などと並ぶカッパープレートスクリプトの古典(?)。コントラストが強い、まぁまぁよくあるカッパープレートだが、大文字は結構デコラティブにデザインされていて華やかな雰囲気がある。発表は94年と古いが、Pro 版にバージョンアップしオルタネートの字種が増えてはいるものの、最近のスクリプトほどの数はない。でも使い勝手はそれなりに良くなっているだろう。2ウェイト。

Category(s)
Design Date
1994
Designer(s)
Publisher
ITC

Liana


Warning: getimagesize(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14090086:SSL routines:ssl3_get_server_certificate:certificate verify failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(): Failed to enable crypto in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(https://fmstudio.jpn.org/font/wp-content/uploads/2016/09/28248.png): failed to open stream: operation failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

ダイナミックでラフなスクリプト。傾きが大きく、大文字と小文字のサイズの差が大きい。ストロークに太細の差がさほどなく、ペンとブラッシュの中間のようなニュアンスがあり、字形は全体的に柔らかく、女性的な雰囲気を持っている。結構可愛らしくて筆者は好きな書体だが、古いので残念ながらオルタネートが皆無である。Pro版の登場を期待したい。1ウェイト。名前は、熱帯雨林に生えるつる性植物の総称らしい。歌手のリアーナとは関係ない模様(笑)。

Category(s)
Design Date
1998
Designer(s)
Publisher

Berenjena


Warning: getimagesize(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14090086:SSL routines:ssl3_get_server_certificate:certificate verify failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(): Failed to enable crypto in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(https://fmstudio.jpn.org/font/wp-content/uploads/2016/09/156405.png): failed to open stream: operation failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

まだまだ暑いが暦の上では秋。秋茄子は嫁に食わすな、という事で、スペイン語でナスの名を持つこの書体を紹介。フレンチ風味のあるかわいらしいローマン。拡大すれば判るが直線部分はなく、どこも僅かに沿っていてオーガニックな雰囲気を醸し出している。イタリックは手書き風味がふんだんに出ており、ほぼスクリプト。オルタネートも豊富にある。全体的に非常にエレガントで、結婚式とか華やかな雰囲気を演出するのに持って来い。Std、Pro 版ともに4ウェイト。ここのファウンダリーのウェイト名の付け方は独特で、スペイン語で「白」から「黒」までをグラデーションで表現している。

Category(s)
Design Date
2014
Designer(s)
Publisher

Assemblage


Warning: getimagesize(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14090086:SSL routines:ssl3_get_server_certificate:certificate verify failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(): Failed to enable crypto in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(https://fmstudio.jpn.org/font/wp-content/uploads/2016/08/212664.png): failed to open stream: operation failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

かわいらしくオシャレな雰囲気のディスプレイサンセリフ。かなり古いカリグラフィーの書体、スクウェアキャピタルを元にデザインしたとある。確かに正方形に近いプロポーションを持ってはいるが、サンセリフとなり、テイストはいたって現代的にアレンジされている。6ウェイトあるが、小文字はなくスモールキャップスで、イタリックもない。代わりにローマンのイタリック(なんか変な言い方)が1つファミリーにあり、組み合わせて使えるようになっている。レストランや食品パッケージでの利用を想定しているようで、食材やテーブルウェアのシルエットアイコンが多数ある。名前はフランス語で「アッサンブラージュ」と読み、英語でのアセンブル、すなわち「組み合わせる」という意味だが、食品業界では主に「ブレンドされたワイン」の意味で使われる。この書体も4人もデザイナーがおり、それぞれの個性がアッサンブラージュされて素晴らしい書体に仕上がっている。ただいま69%オフセール中。筆者は多分買います(笑)。

Category(s)
Design Date
2016
Publisher

Adios Script Pro


Warning: getimagesize(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14090086:SSL routines:ssl3_get_server_certificate:certificate verify failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(): Failed to enable crypto in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(https://fmstudio.jpn.org/font/wp-content/uploads/2016/08/71774.jpg): failed to open stream: operation failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

日本勢のメダルラッシュで盛り上がりましたリオ五輪も今日で閉幕。まぁまだパラ五輪がありますけども一先ずお疲れさんという事で、ポルトガル語、に近いスペイン語で「さようなら」の意味を持つスクリプトを紹介(ちなみにポルトガル語では adeus)。柔らかくブラッシュのニュアンスに近いカッパープレートスクリプト。1ウェイとしかないがオルタネートが山ほどあって、グリフは全部で1470もあるそうだ。色々と遊べると思う。

Category(s)
Design Date
2012
Designer(s)
Publisher

Prêt-à-porter


Warning: getimagesize(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14090086:SSL routines:ssl3_get_server_certificate:certificate verify failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(): Failed to enable crypto in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(https://fmstudio.jpn.org/font/wp-content/uploads/2016/08/211652.png): failed to open stream: operation failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

フランス語で既製服(プレタポルテ)という名のミクスドファミリー。スクリプトとスラブセリフのミックスで、スラブセリフの方は普通のかっちりしたもので、よくある手書き風ではなく、ウェイトも9つある。スクリプトはモノラインとカッパープレート(風)のものがあり、どちらも結構ラフな形をしている。こちらはオーナメントも含め5ウェイトずつ。ただいま79%オフセール中。ちなみに反対語、つまりオーダーメイドは haute couture オートクチュール(直訳すると高級仕立服)というのだが、実はオーダーメイドというのは和製英語で海外では通じない。英語では普通 bespoke ビスポークという。be spoken (話し合った)が語源だとか。

Category(s)
Design Date
2016
Designer(s)
Publisher

Camila


Warning: getimagesize(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14090086:SSL routines:ssl3_get_server_certificate:certificate verify failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(): Failed to enable crypto in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(https://fmstudio.jpn.org/font/wp-content/uploads/2016/08/208085.png): failed to open stream: operation failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

曲線多めな Didone ディスプレイ。C や r など、ちょっと曲がった線があると、そこがクッとフックしているのが特徴的。全体的にはカウンターが大きめでゆったりした印象があり、モダンローマンにありがちな鋭さがない。7ウェイトあるが、どのウェイトもヘアラインが細いのでやっぱりディスプレイ向きだろう。MD、OG、HE、AV のリガチャーがあり、数字はライニングとオールドスタイルがある。

Category(s)
Design Date
2016
Designer(s)
Publisher

P22 Zaner Pro


Warning: getimagesize(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14090086:SSL routines:ssl3_get_server_certificate:certificate verify failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(): Failed to enable crypto in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(https://fmstudio.jpn.org/font/wp-content/uploads/2016/06/106033.png): failed to open stream: operation failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

ジューン・ブライド特集の締めはこちら、非常に繊細で優雅なスペンサリアンカッパープレート。19世紀後半にアメリカで活躍したカリグラファー、Charles Paxton Zaner の筆致を再現したものらしい。One から Four のファミリーがあって、それぞれに違う字形を持っている。なーんでオルタネートで1つにまとめなかったのかは不明(笑)。ちなみに他者が著した Zaner の筆跡の教科書、Script in the Copperplate Style がiPad 用の電子書籍でフリーで配布されている他、こちらのWebサイトでも公開されている。興味のある方はご覧頂きたい。これで招待状を組んでも正直読めなかったりするかもしれないが(笑)、こんな美しい書体もなかなかない。トライしてみてはいかがだろうか。

Category(s)
Design Date
2006
Designer(s)
Publisher

Mrs Eaves


Warning: getimagesize(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14090086:SSL routines:ssl3_get_server_certificate:certificate verify failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(): Failed to enable crypto in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(https://fmstudio.jpn.org/font/wp-content/uploads/2016/04/200428.png): failed to open stream: operation failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

柔らかいエレガントな印象のあるトランジショナルローマン。大文字は堂々としているが、x-ハイトが小さめで字間が広く、雰囲気がとても優しい。リガチャーを非常に多く持っており、本文はもちろんディスプレイとしてもおもしろい文字組みができるだろう。イタリックもカリグラフィー風味が強めでエレガント。x-ハイトを大きく可読性を良くした Mrs Eaves XL というバージョンもあるが、そっちはなんか普通でつまらない(笑)。
名前は18世紀英国のプリンターで、トランジショナルローマンの代表的書体に名が残っている John Baskerville の妻・Sarah Eaves から取ったもの。Sarah は元々メイドだったらしく、John の前妻が亡くなり後添えとなった模様。Sarah がこの書体をデザインした訳ではないが、作者の Licko は Baskerville の女性版、というような位置づけでデザインしたらしい。でも妻なら Mrs Baskerville なんじゃないのとは思うが、無粋なツッコミだろう(笑)。ちなみに Mr や Mrs にピリオドを付けないのは英国風の組み方。この方がよりエレガントかな。

Category(s)
Design Date
2002
Designer(s)
Publisher

Lince


Warning: getimagesize(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14090086:SSL routines:ssl3_get_server_certificate:certificate verify failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(): Failed to enable crypto in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Warning: getimagesize(https://fmstudio.jpn.org/font/wp-content/uploads/2016/03/168273.png): failed to open stream: operation failed in /home/fmstudio/www/main/font/wp-content/themes/fftd-amp/content-link.php on line 19

Didone タイプのディスプレイ。骨格的には割とスタンダードではあるもののエレメントの形が変わっており、非常に個性的な書体。特に小文字には特徴的なグリフが揃っている。ヘアラインがかなり細く、小さくは使えない。ラグジュアリー感があるので、そういった用途に使えるだろう。セリフタイプとサンセリフタイプがあり、それぞれイタリックもあって4ウェイトずつある。ただいま75%オフセール中。

Category(s)
Design Date
2015
Designer(s)
Publisher