Category: Symbols

Meat and Seafood

本日 8/29 は「焼き肉の日」だそうで、肉々しい(?)イラストフォントを。名前の通り、肉とシーフードのイラストである。かなり幾何学的に描かれており、可愛らしさのカケラもない。インフォグラフィックとかでよく使用されるようなタイプである。このファウンダリーは他に同様のテイストで Dairy(乳製品)Bread and Confectionery(パンとケーキ)Vegetables(野菜類)Fruits(果物類)というフォントも発表している。Vegetables と Fruits はまだカワイイかな。モチーフによる所が大きいかも。

Category(s)
Design Date
2014
Designer(s)
Publisher

Something Fishy

昨日は海の日。という事で海関係のイラストが入ったフォントを紹介。アメリカンテイストのあるシンプルなドローイングが71個入っている。なぜかは解らないが、大半のサカナのアゴがしゃくれている。なんでしょね。作者はアゴにコンプレックスでもあるんでしょうか。ま、安いし、気軽に使ってくださいな。

Category(s)
Design Date
2012
Designer(s)
Publisher

Heraldic Creatures

今より30年前の1986年の本日は、あの名作RPG『ドラゴンクエスト』が発売された日だそうだ。筆者はどこまで行っても『ファイナルファンタジー』派なのだが、まさかスクウェアとエニックスが合併することになるとは当時の筆者には思いもよらない事だった。てな事はさておき、それらのゲームに出てくるモンスターなどがアイコン化されたフォントを紹介。「紋章の」という名前が示す通り、ヨーロッパの紋章によく出てくる動物のシルエットがグリフ化されている。ライオンや鷲など実在するものと、ドラゴンやグリフォンなど想像上のものとが混在している。実際の紋章はシルエットではなく細かく描かれているので、これはそのまま使えないだろうが、まぁ雰囲気を楽しむにはいいだろう。ちなみにドラクエ30周年記念サイトが開設されている。

Category(s)
Design Date
2006
Designer(s)
Publisher

Glitter

雪の結晶のオーナメント。フォントとしては6種類あるが、結晶の形はすべて同じで、塗りつぶしのパターンがそれぞれに違う。中には壁紙のように敷き詰められるようにしたものがある。ただいま75%オフセール中(遅いか)。雪のない沖縄から皆様へ Merry Christmas。

Category(s)
Design Date
2012
Designer(s)
Publisher

Intellecta Monograms

様々なスタイルのモノグラム集。モノグラム(monogram)とはなんぞや、というと、2つ以上のアルファベットを組み合わせて作る記号の事で、日本のプロ野球チームでは帽子などに「YG」や「HT」と入ってる事があるが、アレの事である。この書体ではいくつかのスタイルで作られたモノグラムを多数収録している。なんなら3つ以上の組み合わせも見られる。こういったモノグラムは19世紀頃に流行ったようで、当時発行されたカタログ3冊の合本である Monograms and Alphabetic Devices なんてのが現在でも入手可能。筆者も所持しているが、見たところこの本からも多数収録されている模様。結婚式の招待状などに、新郎新婦のイニシャルを拾って使ったりすると喜ばれたりするんじゃなかろうか。福山さんご結婚おめでとうございます。あんちゃ~ん。

Category(s)
Design Date
2007
Designer(s)
Publisher

Grave Ornaments

4年目の3.11。墓前(grave)に捧げる花を。

この日は毎年、New York Timesの254枚のスライドを見返す。3.11から16日間の現地の写真。かなりショッキングな写真もあるのであまりお勧めはしないが、毎年これを見ながら、「まだ何もしてないなぁ」と無力な自分を見つめ続ける。ただいつか役に立ってやろうと心に誓っている。その誓いを新たにする日。黙祷。

Category(s)
Design Date
2009
Designer(s)
Publisher

Winter Wallflowers

壁紙のようなパターンを作れるフォント。イラストやアイコンが入ったフォントはたくさんあるが、このように敷き詰めるタイプのパターンが入ったものは珍しい。特定の文字をベタ打ちで、行間=文字サイズで打てば簡単に可愛らしいクリスマスパターンができあがる。普通のイラスト等ももちろんあり。筆者は見事に風邪をひいてしまったが、皆様は風邪など召しませぬよう。メリークリスマス。

Category(s)
Design Date
2012
Designer(s)
Publisher

Christmas Card

クリスマス向けの様々なイラストが入ったフォント。定番の樅の木や雪だるま、雪の結晶や靴下やジンジャーブレッドなどなど。「Merry Christmas」などの文がひとつのグリフに入ったものもあるが、注目はサンプルイメージにもある「メリークリスマス」。なんとこれも入っている。というのも実は作者はカナダ在住の日本人女性の模様。女性ならではの可愛らしいイラストをお楽しみあれ。メリクリ~。

Category(s)
Design Date
2012
Designer(s)
Publisher

LoveChristmas

カリグラフィックなクリスマスオーナメント。一筆書きしたようなベルや星、ツリーなどのイラストというかアイコンというか、そういうものが多数入っている。線にあまり抑揚がなく、雰囲気も優雅というより可愛らしい。これまで紹介したスクリプトだと、SilverMishka などが合うだろう。もちろん普通のローマンやサンセリフに合わせることもできる。それらは販売サイトにてサンプルイメージを確認して欲しい。ただいま30%オフセール中。

Category(s)
Design Date
2014
Publisher

Arabesque Ornaments

本日11月第3木曜日はボジョレー・ヌーボー(新酒)の解禁日、という事でなんかしらワインにちなんだものを…と探したが特に見つからなかったので、ブドウのツタなんかをモチーフにしたオーナメントを紹介する(強引?)。20世紀初頭ぐらいまでよく用いられていた装飾活字(字?)である。写真の普及で装飾があまり必要でなくなった事や、そもそも時代が下るにつれ過剰装飾が好まれなくなったりして廃れて行ったが、まぁこんな感じでちゃんとデジタルで残っている。画像は筆者が持っている古い書籍で、1928年にMonotypeが発行したこのオーナメントの作例集である(ちなみに文字部分は確か Fournier だったかな)。Rococo Ornaments と一緒に使用した作例がふんだんに掲載されており、見ているだけで楽しい。今入手できるものとしてはパイインターナショナルの『装飾活字』があるかな。付属のCD-ROMには、フォントではないがEPS画像としてこれらのオーナメント類が入っている。コチラのブログでも条件付きで色々配布している。字が小さくて読みづらいがなかなかおもしろい。

Category(s)
Design Date
1928?
Designer(s)
Publisher