Category: Symbols

Awardos

本日は英国のテニスプレーヤー、フレッド・ペリー Frederick John Perry の誕生日(1909)。名前でピンと来た人もいるかと思うが、アパレルブランド「フレッドペリー」の創始者でもある。ここのロゴは月桂冠なのでこちら。月桂冠とボーダー、アイコンなどを重ね打ちする事でオリジナルのバッジを作れるフォントである。サンプルの通り色々バリエーションがあり、単純計算で25万通りもの組み合わせを作ることができる。周囲のキラキラやボーダーはいらない、となればバリエーションはもっとある事になる。通常のものと白黒反転したものの2種。シンプルでクラシックすぎないので、結構実用的だと思う。デザインのアクセントに。ロゴにしたっていいだろう。ちなみにフレッドペリーそのものに近いデザインは、ない(笑)。

Category(s)
Design Date
2014
Designer(s)
Publisher

XIntnl Morse Code

本日はかのモールス符号(これを使った信号をモールス信号と呼ぶ)を発明したサミュエル・モールス Samuel Finley Breese Morse の誕生日(1791)なのでこちら。モールス符号を打てるフォントである。モールス符号には各国語版があるが、こちらは欧文の符号に対応しており、キーボードでアルファベットを打てばそれに対応する符号がそのまま出るので、知識がなくても使えるのが便利である。符号のみと、符号とアルファベットが同時に打てる De Code がある。ちなみに救難信号を SOS と呼ぶのは、これに使う信号がたまたまモールス符号で S・O・S に対応してたからである。つまり信号の方が先。

Category(s)
Design Date
2003
Designer(s)
Publisher

Guitar Chords

日本では「芸事は6歳の6月6日から始めると上達する」と言われてるそうで、なので本日は『楽器の日』。というワケでこんなのを。いわゆるタブ譜を書けるフォントである。タブとドットは別のグリフになっているが、タブの後にドットを打てば位置を調整しなくともちゃんと重なってくれるらしい。例えば E のコードはただ「G022100」と入力すれば良いそうだ。6弦だけじゃなく2弦から8弦まで対応しているので、いろんな楽器用に使えると思う(フレットのないバイオリンや二胡ではちょっと困るが)。しっかしギターすっかり忘れたなぁ…またやろうかな。

Category(s)
Design Date
2016
Designer(s)
Publisher

FT Forest

本日『環境の日』だそうなのでこんなのを。樹木や葉っぱのシルエットフォント。筆者は植物には詳しくないので何がモチーフなのかは全然判らないが(笑)、まぁこんなのが26種。一応大文字小文字のグリフに割り当てられてるが、まったく同じなので実質26種である。以上。

Category(s)
Design Date
2009
Designer(s)
Publisher

Robots ht

本日はチェコの劇作家、カレル・チャペック Karel Čapek の誕生日(1890)。この人は R.U.R. という作品の中で初めて「ロボット Robot」という言葉を生み出したことで有名。という事でこちらのフォントを紹介。レトロテイストのコミカルなロボットアイコン集。全身揃ったものはもちろんのこと、頭、胴体、腕、足がバラバラになったものもあって、これらを組み合わせてオリジナルのロボットを作ることも可能となっている。組み合わせは200万通りだそうな。さらには顔のパーツがバラバラになったものもあり、これでオリジナルの顔も作れる。全身のものはフレームを持ったものがあって、ここに文字などを入れることが可能。

Category(s)
Design Date
2014
Designer(s)

本日ハロウィン本番。てなワケでハロウィン特集(いつやってた?)のラストはこちら。ハロウィンかぼちゃである Jack-o’-Lantern のイラストアイコン集。色んな表情のジャック・オー・ランタン(口語ではジャッコランタンぐらいに言う)が47種類。ちなみにかぼちゃの事を英語で pumpkin というと皆さん思っていると思うが、実はちょっと違う。アメリカでは pumpkin はこのジャッコランタンに使用するオレンジ色のヤツのみをそう呼び、日本でもおなじみの食用の緑色のかぼちゃは squash と呼んでいる。あと O’ というのはアイルランド語で「~の」、つまり英語で言う「of」に当たる。名前にこれが入っている人、例えば O’Neil や O’Brien、O’Reilly、O’Conner などはみんなアイルランド系である。

Category(s)
Design Date
2002
Designer(s)
Publisher

本日山ほど『○○の日』が制定されてるが、そのうちのひとつ『コーヒーの日』を取り上げましてこちら。カフェ向けアイコンフォント。手書き風味ではなく、どちらかというとピクトグラム風味のものが73個入っている。基本はコーヒーおよび飲み物全般という感じだが、多少のサイン向けとハンバーガーなどの軽食のアイコンもある。ラーメンぽいのも見受けられるのが最近ぽいなーという感じ。

Category(s)
Design Date
2014
Designer(s)
Publisher

Just Bugs

本日『虫の日』という事でこちら。いくつか虫フォントは見つかったが、どれも結構リアルシルエットでなかなかのグロさだったので(笑)、比較的シンプルにシンボライズされてるこちらを選んだ。この程度なら虫嫌いでもまあなんとかなるだろう。49種のシルエットが入っているが、海外産なので当然日本にはいないものも含まれている。

Category(s)
Design Date
2001
Designer(s)
Publisher

Ico Weather

本日は水銀温度計を発明し、華氏に名を残すガブリエル・ファーレンハイト Daniel Gabriel Fahrenheit の誕生日(1686)で「温度計の日」だそうな。てなワケで天気アイコンフォントを紹介。今っぽいスタイルのアイコンでややかわいらしいかなという感じ。2スタイルあって、例えば太陽の光などが鋭く尖ったものと丸くなったものとある。後者の方が最近はよく使われるかな。ちなみに華氏(°F)による温度表記は、現在ではアメリカ、ジャマイカ、イギリスぐらいでしか使用されていない。他は日本でもお馴染みの摂氏(°C)である。アメリカやイギリスはいまだにヤード・ポンド法でもあるし、単位に対するヤツらの抵抗力のハンパなさは何なんですかね…不便だと思うがなぁ。

Category(s)
Design Date
2010
Designer(s)
Publisher