Category: Display

Boardwalk Avenue

ややヴィンテージ風味がありながらスッキリまとまっているミクスドファミリー。コントラストの強い太めのモダンローマン、太めのセリフドゴシック、ライトウェイトのモノラインスクリプトの3種があり、どれもなんだか 50’s のような古い雰囲気のあるスタイルだが、アウトラインがスッキリしているせいか、あんまり野暮ったさはなく現代的にまとまっている。名前のボードウォークとは、観光地などにあるような木材で作られた遊歩道のこと。なるほどそんな場所にある店舗のサインなどに似合いそうである。どのフォントも2ウェイトずつ。

Category(s)
Design Date
2019
Designer(s)
Publisher

Cyriele

ライトウェイトのシックなディスプレイ。かなり細めのジオメトリックなローマンで、雰囲気は大変シックでエレガント。P や R のボウルがほぼ正円になっている所が変わってる。小文字のグリフはあるが、サイズは大文字と同じなので、実質ユニケースのようになっている。画像には書体名の左上に楕円で囲まれた NEW の文字があるが、このように楕円に囲まれたいくつかの単語がキャッチワードとしてひとつのグリフに入っている。1ウェイト。

Category(s)
Design Date
2020
Designer(s)
Publisher

Rachee

古いようでいて新しいディスプレイローマン。ルネサンス期の書体を元に制作したと説明にあり、確かに骨格は古いが、アウトラインが直線的というか幾何学的でフリーハンドのラインが出ておらず、なんだか不思議な雰囲気の書体である。見ての通りスワッシュオルタネートやリガチャーが豊富にある。R のレッグが取ってつけたようになっていて特徴的だが、これ以外は N の左のステムが斜めになってるぐらいでそこまで奇抜なグリフはない。小林さんが以前、書体名に使う字には何か特徴を持たせてアピールする、とおっしゃっていた記憶がある。これもそうなのだろう。イタリックはなく6ウェイト。

Category(s)
Design Date
2020
Designer(s)
Publisher

Hacky

上品ぽくもありカジュアルでもあるディスプレイセリフ。コンデンスでxハイトも大きめでゆったりしており、フレアで短いスワッシュが付いたオルタネートが多数ある。このテとしては珍しく9ウェイトもあり、イタリックもある。品がありながらも高級すぎない雰囲気もまた珍しい。やっぱり女性向けになるだろうか。

Category(s)
Design Date
2020
Designer(s)
Publisher

Natale

デコラティブなローマンディスプレイ。小文字がないスモールキャップスなフォントで、見ての通りデコラティブなスワッシュが入っている。これはオルタネートではなくデフォルトでこうみたい。大文字はもれなく、スモールキャップスの方には入ったり入っていなかったりな模様。フローリッシュが別フォントで付いている。ちょーっとカープの曲線が…でもまぁいっか。1ウェイト。

Category(s)
Design Date
2016
Designer(s)
Publisher

Mango

エレガントかつかわいらしいディスプレイローマン。見ての通り、変わったグリフに変わったリガチャーが豊富に用意されたライトウェイトのモダンローマンで、高級感もありながら大人っぽくなりすぎないかわいらしさがあり、古い言い方をすればチャーミングである。やっぱり女性向けになるだろうか。1ウェイト。

Category(s)
Design Date
2020
Designer(s)
Publisher

Christmas Story

かわいらしいディスプレイローマンとモダンスクリプトのデュオ。普通こういう場合ローマンの方はちょっとクールにして対比を際立たせるものだが、両方とも甘めというちょっとめずらしいデュオである。ローマンの方はほんのり手書きの風味が残るモダンローマンがベースで、プロポーションが偏っててかわいらしい。細いラインによるスワッシュオルタネートがある。スクリプトの方はまぁよくあるモダンなもので、アップライトなブラッシュタイプ。ローマンの方はフィルのタイプが3種、スクリプトは2種。

Category(s)
Design Date
2018
Designer(s)
Publisher

Old Alfie

ヴィクトリア風味のあるデコラティブなディスプレイ。18~19世紀英国風の植物風味のある飾りのついたディスプレイで、可読性はちと厳しいが、派手さを演出するにはもってこい。Ai データで植物のイラストやオーナメントも付属している。また、Old Erika というカッパープレートゴシックがオマケとして付属している(デュオというワケではないらしい)。1ウェイト。こんなのもクリスマスにいかが?

Category(s)
Design Date
2018
Designer(s)
Publisher

Samurai

本日は赤穂浪士討ち入りの日(1702・元禄15)。というワケでこんなのを。なんと表現していいのかよく判らないディスプレイ。Japan Label Style とあるが、何がどうそうなのかはよく解らない(笑)。一応ステムの端が何となく刀の切っ先のようになっているのがサムライっぽいかなと思う。フィルが5種類あって、重ね打ちして使うレイヤードになっている。大文字のみ。

Category(s)
Design Date
2016
Designer(s)
Publisher

Seventeen Winter

ラフなサンセリフとスクリプトのデュオ。サンセリフの方はかなりコンデンスでテーパードになっており、プロポーションも極端に上下どちらかに寄っていてかわいらしい。スクリプトは細めのモノラインで割とラフだが、そんなに崩れておらず読みやすい。どちらもグリフにバリエーションがなく、ちょっと退屈だが、まあ「17才の冬」ならこんなものなのだろう。大人になるのを待ちたい。ただいま70%オフセール中。

Category(s)
Design Date
2020
Designer(s)
Publisher