Archive: October 2014

Newslab

パキッとして素直で読みやすいスラブセリフ。ステムの太さにほとんど差は見られず、あとはx-ハイトは大きめでアセンダーとディセンダーは低め、という最近の書体の特徴がある他は特にこれといったものは見られないが、その分可読性は良好。実は作者は他にもいくつかスラブセリフを作っているが、なんでこんなに似たようなモンばっかり作ってるんだろうか…フシギな人である。他は字によってはちょっと変わった字形をしてたりしてるのだが、一周回って素直が一番と思い直したのかもしれない。名前はNewだが原点回帰といった所か。8ウェイト。レギュラーウェイトのアップライトとイタリックはタダでダウンロードできる。

Category(s)
Design Date
2014
Designer(s)
Publisher

PF Hellenica Pro

ホントは同じファウンダリーの別のフォントを紹介しようと思ったが、同社のサイトにしかなく、紹介しづらいのでこちらを紹介(笑)。紀元前の古いギリシャの粘土板などからヒントを得て制作された書体。素朴で不揃いな形がユニークでおもしろい。小文字はないが、当時は大文字・小文字という区別はない、というか、そもそも別々の書体だった。大文字は大文字だけ、小文字は小文字だけで使っていたもんである。彫って書くかペンで書くかの違いであり、それぞれで書きやすい書体を使っていたのだが、混ぜて使い出したのは15世紀、活版印刷ができてから。似たような書体にSophiaやMacにも入っているHerculanumなどがあるが、これらにも小文字はない。話は逸れたが、このParachuteというファウンダリーは知らなかった。経済の問題ばかりがクローズアップされるギリシャにこんな素晴らしいファウンダリーがあったとは驚き(笑)。サイトもカッコイイ。

Category(s)
Design Date
2002
Designer(s)
Publisher