Link

MyFonts
Bitstream社が創業し、現在はMonotype社が運営する世界最大級の欧文フォントショップ。出品が比較的容易で、有名ファウンダリーから個人作家まで膨大な量のフォントを販売している。機能的にも最高級。
Fonts.com
英国Monotype社が運営するフォントショップ。現存するファウンダリーとしては世界最古? 海外のサイトとしては珍しく、日本語対応している。フォントは単体販売の他、月々定額を支払うと一定数(あるいはすべて)のフォントが使い放題という「サブスクリプション」プランがある。年間契約の割引もあり。
Linotype
ドイツのタイプファウンダリー。Monotypeと並び歴史あるファウンダリーだったが、現在はMonotypeに買収され、ブランド名のみが残る。
FontShop International (FSI)
Erik Spiekermannが設立したフォントショップ。FontFont (FF) のブランド名で知られる。こちらもMonotypeに買収された。
Fontspring
Adobeが買収したフォントショップ。それだけに他では売ってないAdobe製のフォントが入手可能。
Emigre
同名のフォント専門誌を発行していたスタジオ。現在は休刊。同社より多数のフォントも発売されている。
T.26
こちらも独特な書体を多数発売するファウンダリー。
House Industries
同ブランドのフォントはもとより、それらを使ったプロダクトを多数開発・販売している。日本の企業ともコラボが多い。
Font Squirrel
フリーフォント配布サイト。Google Fontで利用できるWebフォントを多数ダウンロードできる。すべて商用無料。
Adobe Typekit
クラウドフォント。Webフォントおよびデスクトップフォントを利用できる。有料だが、Adobe Creative Cloudに加入していれば追加料金なしでOK。
Identifont
書体の同定(identify)を手助けしてくれるサイト。書体の見た目に関する質問に答えていくと、候補の書体名を提示してくれる。具体的な利用法はこちらこちら
Tiff
書体の字形の比較ができるサイト。今のところ閲覧してるPCに入っているフォントおよびGoogle Fontsのみが比較可能。
baseline
英国のタイポグラフィ専門誌。
TIPOITALIA
イタリアのタイポグラフィ専門誌。
UPPERCASE
カナダのJanine Vangoolという女性がひとりで?執筆からデザインまでやっているデザイン誌。
TYPO
チェコのタイポグラフィ専門誌。英語も併記されている。現在は休刊。
Codex
不定期に発行されているタイポグラフィ専門誌。
The Whittington Press
年1回、Matrixというタイポグラフィ専門誌を発行している出版社。
Typography magazine
日本のグラフィック社より発行されているタイポグラフィ専門誌。年2回刊行。
フォントブログ
フォント情報ブログ。日本語で読めるものとしては質・量ともに随一。
Typecache
フォント情報サイト。英文だが日本人が運営。