Category: Symbols

本日ハロウィン本番。てなワケでハロウィン特集(いつやってた?)のラストはこちら。ハロウィンかぼちゃである Jack-o’-Lantern のイラストアイコン集。色んな表情のジャック・オー・ランタン(口語ではジャッコランタンぐらいに言う)が47種類。ちなみにかぼちゃの事を英語で pumpkin というと皆さん思っていると思うが、実はちょっと違う。アメリカでは pumpkin はこのジャッコランタンに使用するオレンジ色のヤツのみをそう呼び、日本でもおなじみの食用の緑色のかぼちゃは squash と呼んでいる。あと O’ というのはアイルランド語で「~の」、つまり英語で言う「of」に当たる。名前にこれが入っている人、例えば O’Neil や O’Brien、O’Reilly、O’Conner などはみんなアイルランド系である。

Category(s)
Design Date
2002
Designer(s)
Publisher

本日山ほど『○○の日』が制定されてるが、そのうちのひとつ『コーヒーの日』を取り上げましてこちら。カフェ向けアイコンフォント。手書き風味ではなく、どちらかというとピクトグラム風味のものが73個入っている。基本はコーヒーおよび飲み物全般という感じだが、多少のサイン向けとハンバーガーなどの軽食のアイコンもある。ラーメンぽいのも見受けられるのが最近ぽいなーという感じ。

Category(s)
Design Date
2014
Designer(s)
Publisher

Just Bugs

本日『虫の日』という事でこちら。いくつか虫フォントは見つかったが、どれも結構リアルシルエットでなかなかのグロさだったので(笑)、比較的シンプルにシンボライズされてるこちらを選んだ。この程度なら虫嫌いでもまあなんとかなるだろう。49種のシルエットが入っているが、海外産なので当然日本にはいないものも含まれている。

Category(s)
Design Date
2001
Designer(s)
Publisher

Ico Weather

本日は水銀温度計を発明し、華氏に名を残すガブリエル・ファーレンハイト Daniel Gabriel Fahrenheit の誕生日(1686)で「温度計の日」だそうな。てなワケで天気アイコンフォントを紹介。今っぽいスタイルのアイコンでややかわいらしいかなという感じ。2スタイルあって、例えば太陽の光などが鋭く尖ったものと丸くなったものとある。後者の方が最近はよく使われるかな。ちなみに華氏(°F)による温度表記は、現在ではアメリカ、ジャマイカ、イギリスぐらいでしか使用されていない。他は日本でもお馴染みの摂氏(°C)である。アメリカやイギリスはいまだにヤード・ポンド法でもあるし、単位に対するヤツらの抵抗力のハンパなさは何なんですかね…不便だと思うがなぁ。

Category(s)
Design Date
2010
Designer(s)
Publisher

本日「恐竜の日」だそうなのでコレ。見ての通り恐竜の骨格シルエット。そんだけ。ザッツオール。
筆者は子供の頃は恐竜に結構ハマっていたので、割と詳しくはあるのだが、最近の恐竜の再現想像図を見ると、子供の頃に見たものとはかなり違ってて、古生物学ってのはホントいい加減だなーというのが印象である(判らないことだらけって事なんだけど)。ブロントサウルスとかエライ横長になってるし、ゴジラのモデルとされるイグアノドンも四つん這いみたいになってるがな…。
30年以上前、まだ首里に博物館があった頃に恐竜展があって、そこでサウロロフスの皮膚の化石に触れせてもらえ、その証明書を持ってたんだが失くしちゃったなー。大事にとっとくべきだった。

Category(s)
Design Date
2005
Publisher

Blot Test

本日はスイスの心理学者で「ロールシャッハ・テスト」の考案者として名高い、ヘルマン・ロールシャッハ Hermann Rorschach の誕生日(1884)。テストの方法はインクを垂らした紙を二つ折りにし、開いてできた左右対称の図形(シミ?)を見てそれが何に見えるかを問うものだが、その図形をフォント化したもの(英語では ink blot test と呼ばれるそうな)。素人目には、どういう図形をどう見たらどういう心理傾向があるのかサッパリ解らないが、その「テスト内容が被験者にバレない」という事が心理テストとして良いのだそうだ(そりゃそうか)。ちなみに本人は、虫垂炎からの腹膜炎で37歳の若さで亡くなっている。当時は難しい病気だったんかなー。医学の進歩に感謝。

Category(s)
Design Date
1999
Designer(s)
Publisher

もう今さらながらしつこくハロウィン特集。このブログでも度々紹介している Lanston Type Company のハロウィンオーナメント。書体もクラシックでデコラティブなものが多いので、この辺の雰囲気は得意なのだろう。ま、よかったら使ってね。

Category(s)
Design Date
2005
Designer(s)

Calligraphic Birds

本日は文鳥の日らしいのでこちらを。カッパープレート全盛の18世紀頃、文字を書くのと同じ技法を用いて描かれた鳥のイラストをフォント化したもの。当時の作品集を見るとこういうのがあちこちに描かれており、鳥以外にもモチーフはあるのだが、圧倒的に鳥が多いかなという気がする。おかげで全部で170ほどのグリフがある。ちなみにカッパープレートが普通に書ける人なら、これぐらいは存外苦もなく描けるのでチャレンジしてみてはいかが。

Category(s)
Design Date
2010
Designer(s)
Publisher

Hat Doodles

本日は『星の王子さま Le Petit Prince』の作者、サン=テグジュペリの誕生日。という事で帽子のイラストフォントを。え? 帽子じゃない? 象を飲み込んだヘビだと? 解るかそんなもん! そんなことはさておき。いろんなタイプの帽子のラフな手描きイラストが30点ほど。hat とは言いながら cap もあるのはご愛嬌。あとなぜか数字も入ってる。なんで必要?

Category(s)
Design Date
2006
Designer(s)
Publisher