Search Results

Aether Rain

本日、奄美地方に続き沖縄も梅雨入りしたと見られるのでこちらを紹介。サードウェービーなスクリプト。通常のポインテッドニブで書かれたものと、抑揚のないモノラインがある。そんなにゆるゆるしておらず、ややカッパープレート風味も残っている。字種は少なくオルタネートはないが、ポインテッドニブのものは4ウェイトあり、オーナメントも一応ある。名前のアイテール(エーテル)は、エリクサーと同じく RPG ではお馴染みの架空の物質の事。
ちなみにこの「梅雨入り『したと見られる』」という言い方は実は以前はしておらず、「しました」「明けました」と断言していたが、10数年前に気象庁が「明けた」と宣言したにも関わらず大雨が降ったりと大外しをしてしまい、以来この微妙な表現に切替わったという過去がある(笑)。

Category(s)
Design Date
2017
Designer(s)
Publisher

Elixir

サードウェービーな5種の書体のミクスド。モノラインのスクリプト(2ウェイト)、ブラッシュスクリプト、ヘビーウェイトのサンセリフ、それに飾りの付いたもの、モノラインのスラブセリフがあり、それぞれに Print というフィルがかすれたバージョンがある。どれも手書きの要素が若干あり。名前は言わずと知れた伝説の万能薬の事。元は錬金術から生まれた言葉(概念?)のようだが、ファイナルファンタジーシリーズをはじめ、ゲームの世界ではお馴染みの薬である。ちなみに最近「エリクサー症候群」という言葉が生まれた模様。簡単に言うと「宝の持ち腐れ」「貧乏性」に近いのだが、興味のある方はググりたまえ。

Category(s)
Design Date
2018
Designer(s)
Publisher

Blossoms

ウチの庭のカンヒザクラ(=寒緋桜:名前の通り寒くないと咲かないという変わった品種)がぽつぽつ咲き始めたのでこちらを紹介。ブラッシュタイプのモダンスクリプト。傾きのないアップライトで、ウェイトは Light からあるがコントラストはやや強め。字形はあくまでもカジュアル。という具合。考えたらバレンタインも近いって事で、これからこの辺のスクリプトを多めに紹介していく。正直字形以外の大した違いはないとは思うが(笑)、ま、好みのものを選んでね。

Category(s)
Design Date
2017
Designer(s)
Publisher

Cosmopolitan

モノラインのスクリプトとサンセリフのミクスド。スクリプトはカウンターが広めで丸っこく、ちょっとかわいらしい雰囲気がある。サンセリフの方は小文字がなく、あくまでスクリプトの添え物っぽい。と思いきや、ちょっとしたスワッシュの付いたオルタネートも用意されている。5ウェイトあるが、Regular でも結構細め。オーナメント類もあって、そちらにも3ウェイトあるのが変わってる。名前は「国際人」という意味ではあるが、同名のカクテル名としての方が有名かも。ちなみにウォッカベースなのでまぁまぁ強い。

Category(s)
Design Date
2016
Designer(s)
Publisher

Vodka

名前の度数の強さとは裏腹にかわいらしいミクスドファミリー。ぼったりしたビスケットのようなサンセリフと、ブラッシュとモノラインのスクリプト、あとややウェイトの軽いスラブセリフがある。サンセリフとスラブセリフには小文字はなし。酒よりはスイーツに似合いそうな雰囲気である。ただいま35%オフセール中だが、元々が全部買っても3,000円程度と非常に安い。

Category(s)
Design Date
2017
Designer(s)
Publisher

Letterpress Studio

ヴィンテージ感あふれる様々な書体のミクスドファミリー。つたない手でレタリングされたような書体の集合体で、スクリプトが1種2ウェイト、サンセリフが3種、フレアセリフが1種2ウェイトあり、単語が組まれたキャッチワードとこれらに似合うアイコン類がそれぞれフィルがソリッドなものとラフにかすれたものがある。ここ5年ぐらいで急激にこういう雰囲気のデザインが流行っている。どうもアメリカ西海岸辺りのカフェで多用されてそれが流行ったもののようで、コーヒーのサードウェーブに倣い、「サードウェーブデザイン」とか呼ばれ出している。その少し前にネットで流行ったフラットデザインの反発なのかもしれない。ただいま65%オフセール中。

Category(s)
Design Date
2017
Designer(s)
Publisher

Dog Days

酷暑が続いておりますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。欧米ではこの時期(7/23~8/23頃まで)の長く暑い日を「Dog Days」と呼んでいる。(太陽を除けば)全天で一番明るい恒星である「おおいぬ座」のシリウスがこの時期は太陽と共に昼に空に昇るため、そのせいで暑くなってるんだという勘違い(多分シャレ)が由来である。んでそんな名前を持つ書体を紹介。
アメリカン風味のあるカジュアルなブラッシュスクリプト。字形は割とかっちりしており、可読性は良好。やはりグリフが豊富にある。めずらしいのが大文字のみの Caps があって、これは当然大文字のみで組んでもぶつかりあうことがない。あとこちらもめずらしいが、スモールキャップスがある。こちらは Caps よりは字形がおとなしい。ただいま25%オフセール中。
ちなみにこの時期のシリウスは昼間なので当然見えないが、-1.46等とかなり明るいので、視力が4.0とかそれ以上あって、太陽と離れていれば、多分見えるかもしれない。まぁムリだろうけど(笑)。もうひとつちなみに映画版『風の谷のナウシカ』では、「シリウスに向かって飛べ!」とナウシカがガンシップ前席(ミトじい)に指示するセリフがある。

Category(s)
Design Date
2017
Designer(s)
Publisher

Karu

可読性の良い本文用ジオメトリックサンセリフ。基本的にはジオメトリックではあるものの、字形がだいぶ調整されてて文字として自然な形になっている。a や g には2階建てが採用されてるが、ジオメトリックらしく1階建てもオルタネートである。Q のテールが離れてるのがカワイイ(くっついてるのもオルタネートである)。また大文字にはちょっとしたスワッシュの付いたオルタネートがあって、見出しにアクセントを付けることが可能。ウェイトも7つとビッグファミリー。

Category(s)
Design Date
2017
Designer(s)
Publisher

Peaches and Cream

本日桃の節句。という事でこの書体を紹介。コントラストの強いぼったりしたクリームのようなブラッシュスクリプト。傾きはほとんどないアップライトで、ご多分に漏れずスワッシュオルタネートが豊富。ただし文字から大きく逸脱するような事はなく、コンパクトめにまとまっている。3ウェイトあるが、ヘアライン部の細さはほぼ一緒。ほか、スクリプト形ではない普通の字形の大文字のみの Caps がファミリーにある。オーナメントも当然あり。

Category(s)
Design Date
2014
Designer(s)
Publisher

Beaujolais

本日は11月の第3木曜日でボジョレー・ヌーヴォーの解禁日。という事でボジョレーの名を持つスクリプトを紹介。つたないオーガニックなブラッシュスクリプト。おとなしめな One と、やや傾きが強くスワッシュもある Two と2種類ある。あれに騒いで喜んでるのは日本人だけだとか、あんなものに何千円も出すのは日本人だけだとか、味も解らないのに何喜んで飲んでるの日本人はとか、まぁ色々言われがちなボジョレー・ヌーヴォーではあるが、そんな事は気にせずに今年の新酒を素直に楽しんだらいいんじゃないんでしょうかね。ただいま25%オフセール中。

Category(s)
Design Date
2016
Designer(s)
Publisher