ホームページ制作について

CMSとは

CMSとはコンテンツ・マネージネント・システム(Contents Management Sysytem)の略で、Dreamweaverなどのオーサリングツール(ホームページ制作用アプリケーション。もちろんタグの手打ちも含む)などを使わず、ブラウザ上のフォームに必要事項を入力することで、ホームページを作成・更新する機能を持ったアプリケーションの総称です。入力部分以外のタグはテンプレートで指定されるし、またAjaxによるWYSIWYGエディタも搭載されたものが多いため、HTMLの知識がなくてもワープロ感覚で作成・更新できます。有名な所で、ブログツールの Movable Type・WordPress、コミュニティサイト構築用のXOOPS・Zope・Plone、フレキシブルの究極Wikiなどがあります。大体はPerlやPHPで開発されたフリーソフトで、データベースにもフリーのMySQLやPosgreSQLなどを使用しているため、導入にかかる購入費はほぼ無料です。また、独自にCMSを開発している会社も存在します(その場合、CMSは有料である場合がほとんどです)。

近年のホームページ制作は、更新作業は請け負わずに、CMSを導入してクライアントに直接更新してもらう方針へとシフトしています。製作費は上がりますが、1年ぐらいの更新料でペイできるでしょう。またそうすることでホームページ制作一件当たりの収入が増えるため、制作会社にとってもメリットがあります。

デメリットとしては、更新作業がなくなるので定期収入源が減る、テンプレートの作成にオーサリングツールが使えないなどがありますが、もともと更新料はそんなに多額でもなく、またHTMLを手打ちできないプロなどいてはならないと個人的には思うため、さほど問題ではないと思います。それよりは、クライアントが思った時に自分で更新できるメリットの方が大きいでしょう。

また、一般にパッケージ販売されていない、あるいち企業が独自に開発したCMSを導入する場合は注意して下さい。基本的に内部情報が公開されないため、その開発会社でなければメンテナンスできず、他の業者に引き継ぐことができません。公的機関が導入してしまうと、以後その会社としか取引できなくなってしまうため、問題になる事もあります。それにユーザー数が少ないため、バージョンアップが滞りがちになります。個人的にはお勧めできません。

Waxahachie NF
この書体は Waxahachie NF — 欧文フォント買うなら MyFonts

Top