グラフィックデザインについて

グラフィックデザインとは、トップページにも記載していますが、平面一般のデザインの総称です。フライヤー(チラシ)、リーフレット、パンフレット、名刺、封筒、ポスター、新聞や雑誌の広告、雑誌の中面(エディトリアルデザイン)、書籍の装丁、商品のパッケージ、シンボルマーク、ロゴタイプなどなどです。以下それぞれにちょっと解説します。

グラフィックデザイナーになるには?

デザイナーの必須アプリケーションであるAdobeのPhotoshopやIllustratorの操作を覚えればなれます。

というのは、大変大きな勘違いです。アプリケーションはあくまで道具、これらがデザインをしてくれるわけではありません。デザインするのはあくまでも道具を扱う人間です。扱う人間がヘタレなら、いくらアプリケーションが優秀でも、出来上がるデザインはやはりヘタレでしかありません。

私が描いたデッサン(模写)

ではどうするかというと、グラフィックデザインを専門に教えている学校へ行く事になります。専門学校や美大・芸大などですね。学校によって「視覚美術」「視覚伝達」「ビジュアルコミュニケーション」などと呼ばれていますが、それらの学科でグラフィックデザインを教えています。これらの学校を調べてもらえば判りますが、入試には鉛筆や木炭による石膏デッサンが必須科目となっています。Web業界に多いのですが、デッサン力がまったくない人がデザイナーを名乗っていたりします。中には開き直って「デッサン力なんていらないんじゃないの」という人がいますが、私に言わせれば彼らの作るものなんてハナクソです(言いすぎ)。

私は独学ですが、これは絶対に勧めません。間違いなく学校へは行っておいた方が良いでしょう。でないと、大変な遠回りを強いられます。広告代理店やデザイン事務所に就職したくても、未経験者はまずもって採用されない世界です。なぜなら未経験者は、最低条件であるデッサンができない人がほとんどだからです。実務経験がなくても、学校へ行っていれば新卒採用なら採ってもらえます。学校行くにも年だ、という人は、「デザインができる」という証明をすればいいでしょう。つまり作品を作って面接に臨む。それだけです。ただ何回も言いますが、デッサン力のない人は自分の実力がどれほどかも判断することができません。面接官の失笑を買わないよう、しっかりデッサン力を身につけ、平面構成や色彩効果を学び、それから作品を作って下さい。上のデッサン、描きかけで投げ出してる上、ちょっと字が裏写りしちゃってて見づらいですが、2003年頃に私が描いたものです。私でも最低これぐらいはできるんです(今描けるかどうかは不明・笑)。言っときますが、ヘタな方ですよ、コレ。うまい人のは本当にスゴいです。まぁあまりデッサン力ばかり磨いても意味はなく、これぐらい描ければいいと思います。

沖縄のグラフィックデザイン事情

ここ10年で上向いてきた感じがします。地元の出版物や店のロゴ、商品パッケージなどを見て「おっ」と思うものが増え、若い優秀なデザイナーが増えて来たと感じます。ただ皆さんネットでのアピールがまだ乏しく、「沖縄+デザイナー」で探してもあんまりヒットしません。もっとネットを活用してもらいたいと思います。

デザインは良くなっていますが、ギャラの問題は相変わらずです。県内大手企業や公共機関などは平気で参加費を出さない無料コンペを行なっています。指名しておきながら、その要項には「提案にかかる費用は提案者の負担とする」と、しれっと書いてあったりします。それでいてラフでは許されず、ほぼ完成品を持っていかねばなりません。代理店は諸事情からそれでも参加せざるを得ない状況なので、その悪習慣が蔓延っています。何とかならないモンかなと思っています。

ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版]
ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版]
Robin Williams (著), 吉川 典秀 (翻訳)
毎日コミュニケーションズ

タイトル通り、デザイナーでない人のためのデザイン教則本。
グラフィックデザインとはなにか、
それをつかむには大変良い本。
初版は1998年のロングセラー。
内容に関しては不変のものなので、現在でも十分通用する。

Mailbox Letters JNL
この書体は Mailbox Letters JNL — 欧文フォント買うなら MyFonts

Top