久々の更新。

世の東西を問わず、文字の書き方は基本的に右利き用にできている。これは一説には全人類の9割近くが右利きであるという事によるものだが、少数派とはいえ当然ながら左利きの人がいる。彼らだってカリグラフィーに興味を持ったりするだろう。だが、筆や鉛筆などと違い、カリグラフィーはペンからして右利き用であり、そのままではかなり書きづらい。

だが案ずるなかれ。人間には創意工夫をする頭脳というものが備わっており、左利きの人がカリグラフィーをする方法ももちろん存在する。以下『カリグラフィー教室』(グラフィック社)という書籍から引用する。この本の著者の一人、ゲイナ・ゴフ Gaynor Goffe は左利きで有名な女性カリグラファーである。

とりあえず、左利き用のニブを用意しよう。左利き用は図のようにペン先がやや右上がりになっている。ミッチェル、ブラウゼ、スピードボール共に左利き用を用意している。
⇒こちらの記事を参照

で書き方なのだが、まずはこの方法。アンダーアームポジションと呼ばれ、通常文字の右側に置く手を、文字の下側に持ってくる。写真では手首の所で切れてるので判らないが、これ結構手首を左に曲げており、なかなかシンドイと思われる。通常は身体の正面で書くよう紙を置くのだが、これは正面よりやや左にずらした方が書きやすいだろう。

次にフックポジション。文字の上側から、何かを抱えるように腕と手首を曲げて強引にペンを文字の右側に持ってくる方法。これまたなかなかツラいものがあるかと思う。

最後にヴァーティカルポジション。紙を90度右へ回し、ストロークを右→左、下→上にする方法。この場合、ニブは通常タイプの方がいいだろう。一応書き順的には右利きと同じになるが、当然ながら出来上がりは90度傾いた形になるので、仕上がり具合の確認がめんどくさい。そのままで確認するにはニュータイプ並の空間認識能力が必要になるだろう(笑)。

ただでさえ訓練を要するカリグラフィーなのに、左利きの人はハンディキャップが大きいと思うが、これでなんとか楽しんでもらいたい。グッドラック。

Lahmaniot MF
この書体は Lahmaniot MF — 欧文フォント買うなら MyFonts