※Seb Lester (seblester) さんが動画で使用しているペンについての解説はこちら ⇒

これまで紹介したように、現代(contemporary コンテンポラリー)カリグラフィーでは様々な筆記用具が用いられている。何なら筆記用具でさえないものも用いられる。例えばストローの先を割いてタコ足を作り、それにインクを付けて書いたり。まぁ面白い筆跡が得られれば何でもありの世界である。

中でもこの folded pen フォールデッドペン(folded = 折り畳まれた)は変わってる。薄い鉄板を曲げて作ったペン先で、材料にコーラの空き缶がよく使用されるので cola pen コーラペンの別名がある。アルミ缶なら通常のハサミで十分切れるので、特殊な道具を必要とせず手軽に作れる。これを使わない鉛筆の先などにテープで括り付ければ完成(割り箸は細すぎるのでお勧めしない)。詳しい作り方は以下の動画を参照。

作るのがめんどくさいとかいう人のために、しっかりしたものを作って売っている人もいるようで。例によって John Neal で売っているが、30種類以上もある。正直違いがよくは解らない(笑)のだが、まぁ興味ある方はドウゾ。

Draft Beer
この書体は Draft Beer — 欧文フォント買うなら MyFonts