英国のタイポグラフィ専門誌・baselineという雑誌を購読しているが、昨日届いた包みを開けると、ぽとっと小さな冊子が落ちた。見ると、Fontsmithというタイプファウンダリーの書体見本帳であった。どうも私は見本帳が集まる体質になっているらしい(笑)。見開き毎に、小さなページが組見本として挟まっている。これ製本めんどくさかっただろうなぁ...。

Fontsmith Type Specimen

変わったディスプレイが多いと思いきや、正統派のローマンやサンセリフもあり。20書体ほど。

Amaro
この書体は Amaro — 欧文フォント買うなら MyFonts