春はお別れの季節です。みんな旅立ってゆくんです。
淡いピンクのさくら...これ以上書くと著作権的にマズいので本題に。

VaNa MaZiのお二人が、日曜のライブを最後に沖縄を離れた。次はイタリアへ向かうという。つたない英語でなんとなくコミュニケーションを取っていたが、楽しかったなぁ。淋しい。

で、お二人からプレゼント。

VaNa MaZiからのプレゼント

アイリッシュフィドル教室のメンバーに、特に彼らのライブに足しげく通っていた連中がおり、そのみんな一人ひとりにCDを作ってくれた。1曲目にその人それぞれのイメージに合わせた曲を作ってくれている。私はWebデザイナーという事で、電子音がピッピコピッピコした曲だった。アコースティックだけじゃなく、こういう事もやってるらしい。字を書いたのはコリンナちゃん。ありがとう。宝物になった。私からはお返しに、沖縄音楽の楽譜集と、いつも髪型をよく変えるコリンナちゃんに紅型を取り入れたヘアゴムをあげた。

人はなんでああいう放浪者に優しくなるのだろう。おそらくどんな人間もああいう生き方に憧れてはいるんだと思う。ただ、自由に羽ばたくには、羽ばたくに足る強い翼がないといけない。彼らには音楽がある。翼を持たない歯牙無いニワトリ達には、彼らがちょっぴり妬ましく、そして飛べない自分たちの代わりにと、その何倍も応援したくなるんじゃなかろうか。

またいつか、と抱き合って別れた。
またいつか会おう。それまで元気で。
それまでに、君らと演奏して遜色ない腕に
磨き上げておくからね。

フィドル教室からも、数人が遠くへ去ってしまった。
でもまた次の講座が始まる。新しい人も来るだろう。
楽しみである。

今月は彼らをはじめ、色々と交際費が出たなぁ(笑)。
でも人のためにお金を使うと言うのは、意外と気分は悪くない。

節約しよ。

Spikee
この書体は Spikee — 欧文フォント買うなら MyFonts