FontShopの創業者の一人でFF Metaとかの作者、Erik Spiekermannさんが、サンフランシスコにあるチョコレート会社TCHOのVI開発の様子を、小さなムービーにまとめて公開している。

英語でよく解んないが、デザイナーならなんとなく理解できるだろう。TCHOの立ち位置を他のブランドと比較し、TCHOの強みを洗い出し、書体を吟味し、ロゴができたらパッケージをデザインし...かなり勉強になると思うので、デザイナーは必見だ。

ちなみにこの情報は、Spiekermannさんご本人のつぶやきによる。購読してると、Hoefler & Frere-Jonesのアカウントと会話したりしている。なんとなくスゴい(笑)。

ちなみにFontShopは20周年を迎えたようで、こちらで20年のいろんな統計を公開している。「Geographic Distribution of FontFont Designers(FontFontのデザイナー分布図)」を見て欲しい。Japanにわずか1件の表示がある。この1件、誰あろう小林章さんの事...だと思う。Cliffordとかここからだもんね。

Organically
この書体は Organically — 欧文フォント買うなら MyFonts