どうも、最近アイリッシュフィドル(バイオリン)を習ってる宮里です。

同じ講座に通っている人にこのブログが広まったようです。あんまフィドルの事書いてませケド。

んで、「フィドル沖縄」というキーワードで検索されて来られる方が多く、もうめんどいのでこの記事のタイトルを「フィドル沖縄」としておいた(笑)。ていうかみなさん、ブラウザには「ぶっくまぁく」という便利な機能があるので、毎回いちいち検索しなくてもここへは来れまっせ。

それはそーと先週金曜、講師の大木利郎さん(日系カナダ人)がカナダへ帰るというので、お別れ会が催された。当初聞いていたのだと3年ぐらい、うち2年ぐらいはアイルランドで修業するてな事を言っていたのだが、経済事情が許さず(笑)、1年という短期間になってしまったらしい。パーティ大嫌いな私が重い腰をあげて来たのに、「じゃあお別れ会って一体...」と思ったのは言うまでもない(笑)。

暗い店内をケータイで撮ったので画質が最悪だが、以下がその様子。中央が自分のお別れ会で演奏させられてる大木先生。

Farewell Party

フィドル教室、とりあえず来期も受講することにした。デザインで食っていけなくなったら、これでもって路上で日銭を稼いで細々と生活するつもりなので(笑)、必死で食らいついてモノにする予定だ(結構マジである)。自習のために以下のような本も買った。また明日からレッスンが始まるぜい。うるぁ。

The Irish Fiddle: Complete Guide to Learning (Waltons Irish Folk Music Collection)
Beresheet Hard MF
この書体は Beresheet Hard MF — 欧文フォント買うなら MyFonts