欧州原子核研究機構(通称CERN)による大規模な実験が始まった。巨大なトンネルで粒子を亜光速まで加速・衝突させてその結果を測定するという、一体何のための実験なのかさっぱりではあるが、何でもブラックホールができるかもしんないというニュースは皆さんも聞いたことがあるだろう。それによる地球消滅を危惧した学者から実験差し止めの訴えを起こされたとか何とか。「するか!」と思うだろうが、モノが何と言ってもブラックホールである。たとえ極小と言えどブラックホールなワケだからさ。いやそのよくは解んないが、無限の重力でもって光さえも捉えるというのだから。えーと、あとは自分で調べて下さい(なら言うなよ)。ともあれ、そこから何かが発明されるとか、巨大な富を生むとかではないのに、この実験には巨費が投入されている。何とも平和な時代である。

ところでこのCERN、古いIT技術者にはお馴染みの機関である。なんでかと言うと、Web技術の根幹であるHTTPはここで生まれたからである。それまでのインターネットはメールとUsenetという文字情報中心のやり取りが主で、図版の多い論文のやり取りなどは結構不便だった。そこでこの機関の学者の一人がHTTPを開発し、それを閲覧する「ブラウザ」mosaicがイリノイ大学で開発されて、ものすごい勢いであっという間に広まった。今のネット社会の根幹を作ったのがここなんである。

この事は、宇宙とか量子の事しか考えてないCERNが、社会に貢献した唯一の出来事と言われている(笑)。

あ、今日911だね……合掌。

P.S. インドでは、この実験による世界の終りを悲観した少女が自殺したそうな。いやはや…。

Kunkeltown
この書体は Kunkeltown — 欧文フォント買うなら MyFonts