FM STUDIO Scribbles

沖縄のグラフィック&Webデザイナー・宮里文崇の日々のラクガキ

Archives

October 2007

ステブレ(仮)さんがゆく! (6) n を極める

エレメントの方針が決まったら、各文字のデザインに入る。まず最初は小文字の n。これにはその書体のすべての基礎が詰まっており、これでその書体のすべてが決まると言っても過言ではない。と何かの本で読んだような気がするので(笑)、慎重にデザインしていく。なぜこれ......

サクラサク

最近ステブレ(仮)さん絡みばっかりだったので違うネタをひとつ。 ウチのサクラが咲きましたよ。 まだこのひと株だけだが、蕾はちらほら。 沖縄の桜はヒカンザクラ(緋寒桜・ヒガンザクラとややこしいため、カンヒザクラと言い換えるのが一般的)といい、花は本土の色の......

ステブレ(仮)さんがゆく! (5) 気の利いたセリフを考える

各文字のサイズがあらかた判った所で、エレメントを決定したいと思う。これを決めずに作業を進めてしまうと、後で変更したくなった時に大変な目に遭うので、ここは慎重を期したい。 ステブレ(仮)には、カッパープレート風味を強く持たせたいと思っている。従ってセリフは......

ステブレ(仮)さんがゆく! (4) 逢わせ屋現る!

ステブレ(仮)さんには、たくさんの行方不明の家族がいることは周知の通り。だがつい先日、残りの家族の姿をとらえたとの情報が T.K.(匿名希望)氏より寄せられた。以下がその画像である。 実際はかなり高い解像度でお送りいただいたが、いかんせん元の本の図像がか......

フォントを作るなんてホント? (3) 改題『ステブレ(仮)さんがゆく!』

前回の最後に載せた画像が妙にキャラっぽくて気に入ったので、正式(?)にキャラに昇格させることにした。ご紹介しよう、ステブレ(仮)さんである。 これに伴い、シリーズタイトルも『ステブレ(仮)さんがゆく!』とする。その時々で「がゆく!」の部分は変わるかもしん......

フォントを作るなんてホント? (2) とりあえず分析

先日こんな宣言をしてしまったので、仕方なく(仕方なく?)例の書体の分析をしてみる。そーだ、「例の書体」というのも何だかアレなので、仮の名前を付けることにしよう。えーっと、Stephenson Blakeだから、 命名: ステブレ(仮) 誰が何と言おうと貴......

フォントを作るなんてホント?

とゆーワケで、フォントを作ってみようかしら〜なんてムボ〜な事を最近考えている。書体を理解するには作ってみるのが一番なんじゃなかろうか、と思ってカリグラフィはやり始めているし、石彫なんてのもやってみようかと思ってもみたが、彫る道具は揃えられても肝心の石版が......

Archive Antique Extended
この書体は Archive Antique Extended — 欧文フォント買うなら MyFonts