って書くと何かヒワイな言葉に見えるが、TBSが連日通常番組を潰して放送している世界陸上がホントにスゴい。何がスゴいって、

東欧諸国やロシアの女子選手がホントカワイイ。

棒高跳び女王のイシンバエワなんてホントに…。

いや違う。そーゆーことではなく、各選手のその身体能力の異常さだ。例えば走り幅跳び。今大会優勝記録は、8m57cmである。こう数字で書くとピンと来ないが、日本人に解りやすく言うと、六畳一間の部屋があるとする。これの長辺が3m60cmである。これを縦に二間並べても7m20cm。つまり幅跳びの選手は、これのさらに1m以上も先に、自身の力のみで跳んでいる。

さらにハンマー投げ、今大会優勝記録が86m74cm。選手がブンブン振り回しているあのハンマーの重さは、男子で16ポンド(7.26kg)もある。これも解りやすく例えると、大分軽くなるが米袋。これが通常5kgある。そして、サッカーのフィールドを思い浮かべて欲しい。あれのサイズは様々だが、長辺は最低でも90m必要である。つまり、あの持って歩くだけで疲れる米袋よりも重いものをぶん回し、サッカーフィールドの自陣のゴールから、相手のペナルティエリアにまでブン投げているのである。

もう、超人とか化け物としか形容しがたい人間たちが実在するということに、ただただ驚嘆する。人間というものは、鍛えればここまでになれるのかということに素直に、感動してしまう。

その2年に一度の超人たちの宴も明日でフィナーレ。今回特に日本勢が総崩れという大変残念な結果が続いているが、まだ競技が残っている選手たちには何とか最後まで頑張って欲しい。

ちなみにイラストに使ったのはDaFontからダウンロードしたSwiftyというもの。一応タイポグラフィを絡めてみました(ムリがある?)。

モーリス・グリーンが速ぇんだ♪

Triana
この書体は Triana — 欧文フォント買うなら MyFonts