亀田兄弟がらみ騒動が再勃発。長男興毅に続き、次男大毅の試合でまたしても「微妙な判定」「八百長」「ヤラセ」という言葉が飛び交い、果ては客同士の大乱闘にまで発展した。

のだが、私はここでマスコミにちょっと苦言を呈したい。昨日の大毅の試合は見たが、これこそ「微妙な判定」ではなかろうか。素人判断だが、大毅が若干押され気味で、ハデに出血してはいたものの、決して大負けしていたようには見えない。それこそ僅差、「微妙」であり、判定はどっちに転んでもおかしくはない。こうなればホームの利、大毅が勝利するのも特別なことではない。

興毅の場合は素人目に見ても負けが明らかだった、つまりまったく「微妙」でもなんでもないのに、あからさまなホームタウンデシジョンで勝利判定が下された事がみんなの反感を買っているのだ。従って大毅の場合は正しいが、興毅の試合に関して「微妙な判定」とマスコミが使うのは明らかな誤りである。言葉のプロたるマスコミがこのザマとは、嘆かわしい限りである。

で、断じて「八百長」ではない。八百長とは結果が決まっている事、対戦相手もそれを承知で試合が行われる事である。対戦相手に負ける気がなかったのは明らかで、断じて八百長ではない。同じく「ヤラセ」とも違う。これは興毅の試合も同様である。八百長・ヤラセとは、ミッキー・ロークの猫パンチの事を言うのだ(笑)。

亀田一家に判定をコントロールする権限も権力もありはしない。では誰か、とはいちいち明言しないが、しかし、結果矢面に立つのはあの一家だ。あの兄弟は純粋にチャンピオンになりたいだけなのに、余計な大荷物を背負わされ、大変だなと同情すら覚える。私は亀田ファンでもアンチ亀田でもないが、周りのオトナ達には、どうか彼らを潰さないでやって欲しいと願うばかりだ。勝ちは勝ち、負けは負け、それを奪ってしまったら、スポーツはスポーツではなく、単なる見せ物になってしまう。それだけは、どうかやめてあげて欲しい。負ける事で学ぶものも多いのだ。

あとついでに言っておくと、態度うんぬんで騒いでいる某漫画家の言動も実におかしい。亀田兄弟のアレは格闘技の世界ではよくあるパフォーマンスの範疇で、私生活でまでああなワケではあるまい。それにいちいち過剰反応するあんたが大人気ないと言ってやりたい。ホント。

Armadura
この書体は Armadura — 欧文フォント買うなら MyFonts