いよいよ崖っぷちに追い込まれたジーコジャパン。今まで勝ちのないブラジルに、2点差以上をつけて勝たねばならなくなった。

しかしみんな忘れてないだろうか。この大会を最後に、ジーコが全日本代表監督を退いてしまうことを。いや忘れてはいないだろう。しかし軽視しすぎてやいないだろうか。

ジーコは、開拓者精神を持ってサッカー後進国・日本へと来てくれた。Jリーグ立ち上げ当初から関わり、その功績は、今ワールドカップで戦っている選手たちを見れば明らかである。ワールドカップなど夢のまた夢であった日本が今、その舞台で「勝てない」事をみんなで嘆いている。信じられないことである。もちろんジーコの力だけではないが、その影響は絶大だったと言える。日本のサッカー関係者およびサッカーファンは、ジーコに足を向けては寝られない。

そのジーコが、日本から去っていってしまう。大変淋しいことである。

ジーコ初の監督業、その最後になるかも知れない相手が、誰もが知るサッカー最強国で、しかも彼の故国であるブラジルである。その王者相手に、2点差をつけて勝たねばならない。これ以上ない、最高にドラマチックな舞台である。ヒーローという者には、舞台が用意されるものなのだなぁとつくづく思う。

もう結果は問わない。最高の舞台で、最高のプレーを魅せて欲しい。

Glaser Stencil
この書体は Glaser Stencil — 欧文フォント買うなら MyFonts