なんと、あの伝説の(いや現役だろ)ゴールキーパー、オリバー・カーン Oliver Kahnが、ドイツ代表正ゴールキーパーから外されるという衝撃のニュースが本日報道された。2002年の日韓共催サッカーワールドカップ、ブラジルとの決勝戦で、途中手を骨折するというアクシデントにもめげず果敢に戦い、そして破れ、ゴールポストにもたれうなだれるあの姿を誰もが覚えているだろう。

彼を見た誰もが、「あ、ゴリラだ! いや違う、ラオウだ! 拳王は実在した!」とまず思ったはずだ。彼の持つ風格というかオーラというか、それはそれは他のプレーヤーを圧倒していた。彼に

走れぐず共

こんなポスターを作ったドイツ国民に拍手。

と怒鳴られれば、そりゃ誰もが全力で走るだろう。趣味は株式投資という意外な一面を持つカリスマが、母国開催のワールドカップ代表レギュラーから外されたのだ。これを残念に思う者は、何もドイツ国民だけではあるまい。ワールドカップで彼の勇姿を見ることは、正ゴールキーパーにアクシデントでもない限り、難しくなってしまった。

36歳の闘将にとっては、もうこれが最後のチャンスであっただろう。このまま2002年の屈辱を雪ぐことなく終わるのか。残念でならない。

Poema MF
この書体は Poema MF — 欧文フォント買うなら MyFonts