近頃、Webデザインの周辺が変化しつつある。ことにCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)の案件が劇的に増えた。CMSとは簡単に言うと、サイトの管理を、DreamweaverだのHTMLだのが解らない人でも、ブラウザ上のフォームに入力することにより簡単に更新できるようにしよう、というシステムの総称である。

色んなCMSがあるのだが、それらをそのまま使えば当然ながらみんな同じデザインのページを量産することになる。なので各CMSはデザインやページ構成のカスタマイズができるようになっているのだが、これまた当然ながら各々独自のシステムなので、なかなか一筋縄ではいかない。まずシステムの理解が大変で、この調査に時間を大量に奪われる事になるのだが、さらにまた当然ながら調査を進めるだけではサイトはできあがってはいかないので、焦ることこの上ない。

今はXOOPSのカスタマイズに取り組んでいる。これまでまったく触ったことのないCMSなのだが、モジュール開発を命ぜられ、四苦八苦している最中である。一番難易度が高いのが、当然ながらコア部分の開発・改造であるが、その次に難しいモジュール開発をいきなりやっている私の天才っぷりにもまったくあきれるばかりである(自画自賛)。しっかし全然進まない。悪いことにこのXOOPS、全然ドキュメントが整備されていないので情報を探し回らなければならず、終いにゃ「ソースを読め」という非常に乱暴な結末にいたることも度々だ。普通に作った方がもっと早くできたんじゃないかと思うコトしきりである。しかし、テンプレートシステムであるSmartyという技術はちょっとおもしろい。けどやはりめんどい事には変わりなく、遅々として開発が進まないので、クライアントにはご迷惑をおかけしている。

なのにまた、今度はMovable Typeのプラグイン開発を引き受けてしまった。これまた一切触ったことがないのだが(笑)、またもいきなり難易度Aの案件である。Movable Typeとは、まぁ皆さんご存じのブログのシステムで、ブログと言えばMovable Type、というほどに普及しているポピュラーなものだ。ブログをお持ちの方の中には、知らずしてこれを使っている方も多いだろう。これもテンプレートをいじることで色々デザインを変更できるが、直接タグを触らなくてはならないので、初心者にはかなり敷居が高い。プロの中でも、これまでDreamweaverのようなWebオーサリングツールに頼り切りの人には辛いものがあるだろう。まぁもっとも、タグが解らないプロなど断じてプロではないと個人的には思っているので、ザマーミロという感じではある(鬼)。

ところでこの“Movable Type”という名前、実は100年以上前に日本に入ってきた言葉で、日本語訳が存在する。“movable”とは“move(動く)+able(可能な)”であり、昔の人はこれを『活きた』と訳した。一方の“type”は『字』であり、合わせて『活字』となる。そう、元々は印刷用語だ。

なんでこのシステムがMovable Typeと名付けられたのかは知らないが、活字離れが急速に加速していると言われている昨今、Webの世界では活字離れどころか活字依存の状態が異常加速中である。これまでWeb上には色々な技術が現れては消えていったが、最近はRSSだのAjaxだの色々まとめてWeb 2.0だの、「使える」技術が猛烈な勢いで普及中だ。デザイナーは、ホントにデザイン以外の、「エンジニア」の部分のスキルがこれまで以上に求められる事になった。私はプログラマは辞めるつもりだったが、Webの世界にいる以上、どうしても避けては通れないようだ。タイポグラフィの世界も、最初はやっぱり印刷「技術」の部分が大きかったろうが、Webの世界ではデザインと技術の分化はちょっと難しいようである。

やっぱりさっさと紙媒体に移りたい、純粋に「デザイン」したいなぁと思いつつ、今日もPHPのコードをごりごり書いている。ヤラしい話、お金の部分ではグラフィックよりずっといいのだが、こんな状態ではJAGDA新人賞は夢のまた夢だなぁ……しくしく。

Sixtees MF
この書体は Sixtees MF — 欧文フォント買うなら MyFonts