先週の金曜、Okinawa Creative ForumというWeb関係のセミナーが開催された。パネラーがMarcos Weskamp氏なのでFlashが主な話だったが、何を隠そう私はFlashがキライである。しかし業界の人間が集まると言うことなので、とりあえず顔を出してみた。

Weskamp氏の事は雑誌で見て知っていたのだが、驚いたのはその経歴である。1977年にアルゼンチンで生まれ、当地の大学でアートからグラフィック、建築までを学んだ後、元気だった2000年頃の日本のグラフィックに目を付け、日本大使館を通じ奨学金を得て来日したとのこと。その時は日本語も話せなかったらしいが、セミナーは通訳いらずだった。プログラミングも日本で大手代理店に就職してから覚えたとのこと。私より5つも年下だが、そのマルチで高度な才能には頭が下がる。

彼を有名にしたのがnewsmapというもので、これは世界中のGoogle Newsから記事を取ってきて、その新鮮さと重要度を視覚化して表示したものであるが、驚いたのがその方法だ。私はてっきりRSSかなんかを拾ってきているのだと思ったがそうではなく、直接HTMLを拾ってきて解析し、正規表現にて必要事項を切り出してデータ化しているそうだ。だからGoogle Newsのフォーマットが変わってしまうとまたプログラムの作り直しになるのだが、それは別に?という感じであった。そんな事より、Googleに「これは著作権侵害だ」と言われたことに憤慨していた(笑)。まぁ後に撤回されたそうだが……。

実は私もFlashをやっていた時期がある。元々プログラマなのでAction Scriptも苦にならず、このサイトも総Flash化を目指して色々作っていたものだ。Flash嫌いの私が何故やっていたのかというと、こう言ってしまうと語弊があるが、ぶっちゃけ大変食いつきの良いエサだからである。営業ツールとしての効果は抜群で、「かっこいいですね」なんていうメールも何通ももらったし、実際仕事の依頼も来たものだ。みんな見た目に騙されるのである(いやビジュアルデザインなんだから見た目重視なんだけど)。

しかし、手間である。Flashにかかる手間は相当なもので、そのワリにはできあがるとちょっと動いて終わってしまったりする。これが大変空しいのである。我が愛機が遅いこともあってFlash化も途中でやめてしまい、ご覧の通りのテキストベースとなっている。私は映画は大好きなのだが、この経験を通じ、映像には手を出すまいと心に誓ったものだ。

なのだが、この地球の真裏から来た身長198cmの青年に私はちょっと感化されてしまった。彼はいつも、面白いデータベースを探しているという。彼の得意技は、あるデータをあるフォーマットに載せてビジュアライズ(視覚化)することだ。これはSFC佐藤雅彦教授が自身の研究室で学生たちにやらせている手法にも通じている。実は手元に、「視覚化すると面白いかな」という小さなデータがある。これちょっとやってみようかなと思っている。

Weskamp氏や佐藤氏ほど高度ではないが、私もビジュアルとプログラミングの技術を持っている。二人を見ていると、何か自分の持っているものをムダにしてるのかなーとちょっと反省してしまった。しかし面倒くさがりの性格はいかんともしがたいもので、またあの手間だらけのFlashをやるのかと思うと、ちょっと腰が引けてしまう次第である。

RV Park
この書体は RV Park — 欧文フォント買うなら MyFonts