暑い。そろそろ沖縄も梅雨明けの気配だ。年々上昇する気温にともない、とうとう政府が音頭をとって『クールビズ』なるカッコウを推奨し始めた。冷房器具によるエネルギーの消費と、その外機が発する熱による気温上昇をくい止めるため、ネクタイとスーツをやめ、涼しいカッコウをしようというものである。だいぶ前に『省エネルック』なるものを考えたヤツがおり、その半袖スーツという奇妙な見た目の印象を払拭するため、別の名前を考えようと選ばれた名前だが、この「お寒い仕事」という自虐的なネーミングにもなかなかのセンスがあると言っておこう。

そして涼しいカッコウをしようというのなら、「おぅ、沖縄には前からこんなものがあるぜい」とばかりに売り込んだのが、皆さんご存じの『かりゆしウェア』である。要するに半袖のYシャツに、沖縄独特の昔ながらの絣柄や紅型びんがた柄をプリントしたものだ(本物の琉球絣や紅型をシャツに仕立てたものもある)。沖縄では数年前から、夏はスーツの替わりにこれを着ようという運動があり、官公庁をはじめ銀行等公共性の高い職場から浸透し始め、今では一般企業の社員までこれに替わりつつある。今や筑紫哲也さんや小泉総理まで着ているこの服だが、うちなーんちゅの私があえて声を大にして言おう。

変。

明らかにである。ちなみに言っておくが、私はスーツ大嫌い派である。あの首を絞める以外の機能をまったく有しないネクタイと、仕事ができようができまいがスーツを着ればそれが礼儀だとする風潮にはまったくもって大反対である。実は私は「スーツを着たくない」という理由が大半でフリーになったと言っても過言ではない(事実である)。

だからスーツをやめようという運動には大賛成である。そもそも高温多湿の日本では、北海道より緯度の高い英国生まれのカッコウはムリがある。いわんや沖縄ではなおさらだ。しかし、だぁがしかし、あのアロハもどきはないんじゃないかと思う。アロハだって元々は日本人移民が着物を仕立て直したのが始まりだ、という向きもあろうが、そんな問題ではない。ファッションとして変なのである。もちろん好きこのんで着る分には(スーツにしても)まったく異論はない。それは個人の嗜好による問題だからだ。しかしそれを無視し、大号令でコレを着ろというのは、男子中学生への丸刈り強制と大差ない。官房長官もかりゆしウェアがイヤで、とりあえず今着ているYシャツで済ませているのだろう。

では何を着ろというのか。そこが大問題である。今、かりゆしウェアに替わる適当な服が見あたらないのだ。早急に大多数が「いいね」と思える代案を出す必要があるだろう。官房長官に、早くただのYシャツから脱却してもらわなくてはいけない。私の専門はグラフィックなので、後はファッション関係の方々にお任せする。いやすでに取りかかられている方もいらっしゃるだろう。

いやまて。そもそも、大前提として「みんなお揃い」としている所がおかしいんじゃないだろうか。統一させる必要があるのかどうかという議論もない。どうせ変えるのなら、そこから考え直せばいいのにねぇ。


Warning: getimagesize(http://cdn.myfonts.com/s/st/ss/f1/224241.gif): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/fmstudio/www/main/mf.php on line 11
Coire
この書体は Coire — 欧文フォント買うなら MyFonts