FM STUDIO Scribbles

沖縄のグラフィック&Webデザイナー・宮里文崇の日々のラクガキ

Archives

June 2005

基本のデザイン

30を過ぎてから、体重の増加が著しい。食べる量は変わらないものの、やはり老化というのは始まっているらしく(ぶるぶる)、新陳代謝が悪いのだろう、今人生最大に太っている。BMI値が25を肥えた、もとい超えたので、昨年末辺りから週に2、3度ほどジョギングをして......

デザインが必要な2、3の事ども [2] 芭蕉紙

『芭蕉紙(ばしょうし)』という紙がある。琉球王朝時代に作られた沖縄独特の紙だ。芭蕉布(ばしょうふ)というこれまた沖縄独特の布があるのだが、その材料となる糸芭蕉の、糸とはなり得ない余りの部分を材料にして作られている。丈夫ではあるが、茶色の濃い、しかも繊維の......

世界の非常食になりませんように

私の生まれた1972年は、日本を揺るがす大きな事件があった。あさま山荘事件である。もう30年以上も前の事件だが、最近になって映画化もされているので、この事件そのものについては他に譲る。 日本中の人々が連日テレビに釘付けになったこの事件だが、他方でおもしろ......

宿題

こちらの問題はまったく解決にいたってないのだが、ただぼーっとしてるのもアレ(どれだ)なのでちょちょっと書かせてもらう。 田中一光。私の最も尊敬するグラフィックデザイナー/アートディレクターである。分かりやすいところで無印良品などを手がけられ、世界的にもか......

ピーンチ。

やばい。まったくアイディアが浮かばない。 スケジュールに大分余裕があったのだが、全っ然アイディアが浮かばなくて締め切りが近づいてきてしまった。大変困っている。こんなことはひょっとしたら初めてかというぐらい戸惑っている。 とりあえず取りかかってはみるものの......

ブログ化現象

最近、この日記だが何だかよく判らないラクガキ帳に、ブログの機能を付けてみたりしてる。じゃあ普通にブログ使えよというハナシなんだけど、どうも私にはオオゲサ過ぎる気がする。アーカイブとかコメントとかテンプレートとか全然いらないのだ。何よりここのサーバの Pe......

あんた死ぬわよ

どうも、金星人(+)です。ただいま大殺界最後の年、「減退」におります。 土星人(+)で大殺界最初の年「陰影」にも関わらず、相変わらずオールバックが輝いている細木数子。お前大殺界ってウソだろうと思わせんばかりの活躍っぷりの金持ちっぷりのジャニーズ好きっぷり......

RIOU KIOU

『Communication Arts』という雑誌がある。広告とグラフィックデザインの専門誌で、アメリカで発行されており、沖縄ではまず手に入らないので数年前から直接定期購読している。毎年レギュラー号で “Design” &ldqu......

自れの分

6月11日、日本グラフィックデザイナー協会(通称JAGDA)の総会が初めて沖縄で行われたので、滅多にない機会だと思い、そのパーティへ参加してきた。とは言っても一人で行ったし、唯一の知り合いはスタッフとして借り出され司会をしていたので、社交性がゼロどころか......

デザインが必要な2、3の事ども [1] かりゆしウェア

暑い。そろそろ沖縄も梅雨明けの気配だ。年々上昇する気温にともない、とうとう政府が音頭をとって『クールビズ』なるカッコウを推奨し始めた。冷房器具によるエネルギーの消費と、その外機が発する熱による気温上昇をくい止めるため、ネクタイとスーツをやめ、涼しいカッコ......

負けず嫌い

アルトゥール・アントゥネス・コインブラ (Arthur Antunes Coimbra) という人に私が抱く印象は、本当に負けず嫌いだなということである。ああみんな知らないか。サッカー日本A代表監督・ジーコの本名だ。別に知ってても偉くない? ああ偉くない......

いぬ

ウチでは昨年まで、文鳥を飼っていた。彼女(のちに卵を産んだためメスと判明)は9年ほど前、突然家のベランダに迷い込んできた。手乗りだったためあっさり捕まり、その前に飼っていたインコのカゴにこれまたあっさり納められてしまった。当時は姪が生まれそうであり、我が......

受信料

不意に事務所のドアベルが鳴った。滅多に来客のない(笑)我が事務所で、予定のないベルの音は、たいていがセールスか変な宗教関係と相場が決まっている。今日は、某国営放送が受信料を取り立てに来た。受信料を取り立てるような某国営放送などアソコを除いて他に存在せず、......

Futura(フーツラ)とナチス

Futura(フーツラ・フツーラ・フツラ・フトゥーラ・ええい何とでも読め)という欧文書体がある。セリフ(ひげ)のないサンセリフに分類される名作だ。大変によく知られた書体なのだが、この書体に関して変なウワサがある。タイポグラフィを学ぶ者ならば、一度は聞いた......

Bazoo Tow NF
この書体は Bazoo Tow NF — 欧文フォント買うなら MyFonts